top of page

不安や恐怖

こんにちは

優扶鍼灸です


喜怒哀楽どの感情にも

関わる扁桃体


以前のA10回路にも

関与する部分です。


この扁桃体が機能しないと

恐怖を感じなくなります。


逆に扁桃体の活動が過剰

な時には過度な不安や

恐怖が現れてきます。


特に不安や恐怖を感じ易い

というのは扁桃体の活動が

強いということで、


扁桃体のD1受容体という

ドーパミンを受け取る所の

密度が高いほど、この活動

が強くなります。


同じストレスや環境に

さらされているけど、

人によって感じ方に差が

あるのは、この密度の

個人差に起因します。


最近は恐怖症や不安症の

種類が沢山ありますが、

感じ方を変えるためには

扁桃体がバランスよく

活動しておく必要が

あるのですね。。


‥‥長くなる分野なので

続きは別の機会に致します。

それではまた(^^)


https://www.yufu-shinkyu.com/

TEL: 08031401802

MAIL: yufu.shinkyu@gmail.com


Comentários


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page